愛知|令和4年5月28日開催|特別講演会『ウクライナ危機と日本の課題~平和憲法という病~』


イベント詳細

  • 日付:

【日本歴史探究会 特別講演会】

◇演題『ウクライナ危機と日本の課題~平和憲法という病~』
ロシアによるウクライナ侵攻は、世界中に衝撃を与えました。
連日SNS等を通じて、悲惨なニュースが報じられています。
日本も他人ごとではありません。
中国は尖閣諸島を虎視眈々と狙っています。
また、台湾への侵攻は東アジアの安全保障体制に大きな影響を与えることでしょう。
憲法九条を有する日本では、未だに自衛隊の存在が保障されていません。
防衛費増大の議論も、反対意見が多く進展が見られません。
この様な状態で、中国と渡り合うことが出来るのでしょうか。
日本人が安全保障に対して真剣に向き合わなければならないとウクライナ危機が教えてくれました。
激動の時代を迎えるであろう日本の展望について考えます。

◇講師
・岩田温 代表理事 (政治学者)

◇講師プロフィール

・岩田 温(いわた あつし)
昭和 58 年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。早稲田大学大学院修士課程修了(政治学)。政治学者。テレ朝系「朝まで生テレビ!」をはじめ、多数のテレビ番組に出演。大学在学中に『日本人の歴史哲学』(展転社)を出版。その後『逆説の政治哲学』(ベスト新書)や『人種差別から読み解く大東亜戦争』(彩図社)、『平和の敵 -偽りの立憲主義-」(並木書房)など、多数の書籍を出版。『「リベラル」という病 奇怪すぎる日本型反知性主義』(彩図社)は発売直後に重版決定。『政治学者が実践する 流されない読書』(育鵬社)は、大きな話題を呼んだ。『偽善者の見破り方 リベラル・メディアの「おかしな議論」を斬る』(イースト・プレス)は、令和元年5月17日に発売された。初の対談本、最新刊『なぜ彼らは北朝鮮の「主体思想」に従うのか』は令和元年12月27日に発売された。YouTubeで「岩田温チャンネル」を開局中。

◇日程
令和4年5月28日(土)
15:00開演 / 講演2時間(予定)/ 14:30開場

◇講演会 会場
ホテル名古屋ガーデンパレス 「梅」
(〒460-0003 名古屋市中区錦三丁目11番13号)
※会場へのお問い合わせはご遠慮下さい。

◇会場へのアクセス
地下鉄東山線(藤が丘方面) 栄駅 1番出口より徒歩約5分

◇定員
50名

◇チケット
【前売り(事前支払い)】Peatixにて受付
・一般:3,000円(会場/オンライン)

・会場
https://peatix.com/event/3228743

・オンライン
https://peatix.com/event/3228752

◇コロナウイルス感染対策について
大変恐縮ながら、コロナウイルス感染対策の為、以下の対策を行わせて頂きます。
・当日はマスクの着用をお願い致します。
・会場の入り口付近でアルコール消毒を行わせて頂きます。

◇お問い合わせ
メール:info+kouen@n-tankyu.com
TEL:090-9219-3240
※件名または本文に「5月28日/講演会」とご記載ください。